ヘッドライトカバーの曇りを無くし新車の輝きを取り戻します


ヘッドライトカバーが曇ってしまった原因

お車に長い間乗っていると、古さをがより目立ち、気になってしまうユーザーのご相談のひとつがヘッドライトカバーの曇りです。最近の一般的な乗用車のヘッドライトカバーはポリカーボネイトを使用した丈夫で軽いもので作られいます。その反面、ポリカーボネイトは長期間の雨風や紫外線にあたると非常に弱く素材が劣化しやすい特徴でもあるのです。細かい劣化は表面が細かい傷のようなもので、それが徐々に広がっていくことで曇っているように見えます。またこの曇りによってヘッドライトの光を冴え切ってしまい従来の明るさが低減されてしまいまう為、夜間の走行や降雨の走行時には走行進路が非常に見えづらく運転に支障をきたすことがあります。

市販されている再生剤でも取れなかった曇りを新車の輝きへ仕上げます

当店では市販品の再生剤でも消えないヘッドライトカバーの曇りを繊細な作業で復活し夜間運転の視認性を確保します。
新車時の輝きと艶を取り戻すUMB Groupの徹底した作業はお客様の満足度の高いサービスです。


まずヘッドライトカバー表面のコーティングを取り除いてから、劣化したキズをペーパーで徹底して磨きます。

粗面を細かく磨き、そのあと専用のコンパウンドを使い艶を出します。


最後にヘッドライトカバーの表面に専用のコーティングをして作業終了です。

同時に人気のHIDやLEDバルブの交換などもご相談ください。
ご相談、お見積り無料。お気軽にお問い合わせください。