キズへこみ板金修理 マイカー点検 マイカーケア

自動車整備・修理 エンジン周り

エンジンの掛かりが悪くなった

エンジンの掛かりが悪くなった
【原因①】自動車整備を常に心がけていても長い間、車に乗っているとエンジンプラグに接続しているダイレクトイグニッションコードの劣化が発生することで点火プラグへの接続状態が悪化しエンジンの始動が悪くなったり、アイドリング中にエンジンの振動や震えを感じることがあります。
最近はアイドリングストップ機能を装備した車が増えていますが、このような状態の場合、信号待ちからのスタートができなくなったり、交差点内右左折時にエンジンスタートせず対向車との接触事故を招く恐れがあります。このような症状を感じたときはすぐには部品交換または修理が必要な場合がありますので当店にご相談ください。

エンジン音がうるさい

エンジン音
【原因①】エンジンの排気管やマフラーがサビや接触などの原因で穴が開いていることがあります。この場合は音が大きくなるだけではなく触媒を通常通り通さず排気漏れを起こすことで不純物を吐き出していることもあります。
当店での自動車修理(補修または部品の交換)を状態に応じて行います。特に小さなお子様を乗せている場合に健康に関する影響が懸念される重大な事案であり、道路交通法でも整備不良として罰せられることになります。すぐに修理のご相談をしてください。

エンジン始動中、走行中の振るえや揺れ

エンジン始動中、走行中の振るえや揺れ
【原因①】エンジンを支えているマウント部品が劣化したことでエンジン自体が支えきれなくなり振動を感じることがあります。
【原因②】AT車走行時ギアが切り替わるときに微妙な揺れ振動が発生したりつながりがスムーズではなくなったことを感じるようになったときは、ミッションマウントの劣化が原因のひとつとして考えられます。状態によりますが修理がすぐに必要な深刻な場合もあります。
このような場合エンジン自体がしっかり固定されていない状態にあったり、車の制動力を伝えるミッションをマウントしている部品の劣化である場合は車の走行に直接影響するので走行中にそれらが外れてしまった場合、重大な事故に影響を及ぼす危険があります。エンジンやミッションをご自宅で降ろすことは大変危険です。当社が適切な診断を行い熟練整備士が不具合個所の修理を行います。

エンジンルームからキュルキュル音がする

エンジンルームの異音
【原因】ファンベルトの劣化が考えられます。ファンベルトの劣化が進むとベルトの切断に至ってしまいます。この場合、冷却用のウォーターポンプが駆動できなくなり、エンジンがオーバーヒートをおこしてしまいます。従って早急な対応が必要です。
ファンベルトとはエンジンを冷やすラジエターのファンを回すため、エンジンから動力を伝えるベルトです。このベルトは摩擦で摩耗する他、摩擦熱やエンジンの熱を受け、ゴムが硬化し損傷につながります。ファンベルトが損傷するとラジエターが冷却されなくなりエンジンのオーバーヒートを起こします。深刻な場合がありますので当社の自動車診断を行いお早めに部品交換または自動車修理修理を行うことをお勧めします。

各種オイル交換

エンジンオイル

エンジンオイル交換
  • 通常の使用で1万5,000kmまたは1年毎が一般的。
  • 軽自動車やターボ車等の過給器付きエンジンは早めの交換をお勧めします。
  • ディーゼル車はガソリン車よりも早い時期の交換をお勧めします。
当店のリフレッシュ点検をご利用いただきますとお車のエンジンや車種などに適切なオイルの種類や交換時期をご提案いたします。エレメントの交換もお申し付けください。

ブレーキオイル

ブレーキオイル交換"
  • ブレーキオイルは水分が発生しやすい特質があり、キャリパーに錆を発生させることで摩擦からオイル漏れを引き起こすことがあります。
  • ブレーキオイルの漏れが発生するとブレーキペダルを踏んでもブレーキの利きが悪くなり事故を引き起こす重大な原因となります。
当店では車検ごとに厳密な点検を行っております。当店の点検、車検を行っていないお客様でもブレーキに不安を感じる方はすぐにご相談ください。

自動車整備・修理・点検 足回り

スタッドレスタイヤとラジアルタイヤの交換

img_8246
冬場の降雪や路面凍結にはスタッドレスタイヤは欠かせません。一方スタッドレスタイヤはラジアルタイヤに比べてゴムの質が柔らかくできており夏場路面温度の上がっている状態で長距離を走行するとタイヤの減りが早くなります。季節に合ったタイヤ選びはタイヤの持ちや安全安心対策に大きな影響を与えます。
当店ではスタッドレスタイヤ・ラジアルタイヤ共に各種メーカー品を取り揃えております。お客様持込みのタイヤを交換することも可能です。コンディションに合ったタイヤ選びで安全運転を心がけましょう。

走行中ハンドルがとられる

a0002_006412_m
  • タイヤのアライメントがずれている可能性があります。
  • タイヤの側面を路肩に擦ったり、段差を走行したことはありませんか。
足回りの部品が湾曲したり歪んでしまうことがあり非常に危険です。
当店では足回りをばらして徹底した検査を行います。歪み・ひび、アライメント調整など即時対応します。ハンドルがとられて衝突や人身事故を招く事例が発生しております。
安心して運転ができるようにすぐに当店へご相談ください。

その他 電装品などのご相談

最近ヘッドライトが暗く感じる

最近のヘッドライトカバーはポリカーボネイトを使用した丈夫で軽いものに仕上がっています。その反面、ポリカーボネイトは長期間の雨風や紫外線に弱く劣化しやすい素材です。細かい劣化が広がったことでヘッドライトの光を冴え切ってしまい非常に明るさが低減されてしまいます。
特集ページを詳しく見る
当店では市販品の再生剤でも消えないライトカバーの曇りを繊細な作業で復活し夜間運転の視認性を確保します。
①表面のコーティングを取り除きます
②劣化したキズをペーパーで徹底して磨きます
③粗面を細かく磨きます
④専用のコンパウンドを使い艶を出します
⑤表面のコーティングをして作業終了です