BASF水性塗料を採用した環境問題への本格的な取り組み

UMB Groupは高品質の自動車補修用水性塗料「R-M」の「オニキスHD」を採用しています

自動車補修用塗料を水性塗料に切り替えた経緯


従来の塗料が与える環境汚染は、人体への悪影響もあることから、世界各国の大手自動車メーカーは塗料メーカーに対して従来のものに代わる塗料成分の研究が進められてきました。
水性塗料「オニキスHD」は、人体への悪影響や大気汚染を引き起こすVOCの排出削減BASF in JAPAN
そして近年、海外メーカーのみならず国内自動車メーカーも本格的に検討が進められ、VOCの排出削減をされている水性塗料の採用はワールドスタンダードとなりました。メーカーだけではなく一部の自動車修理業でもすでに水性塗料の採用は始まっておりますが、当社UMB Groupでは神奈川県内、厚木市内でもまだ取扱い店の少ない段階で早期に検討を重ね採用を決定しました。

BASF in Japan自動車補修用塗料R-Mの特徴


BASFジャパンの「R-M」は再現性の高い調合配合により、多くの大手自動車メーカーが当社の自動車補修用塗料を修理工場で採用しています。「R-M」は環境効率の高い水性塗料と低溶剤タイプのハイソリッド塗料が中心の製品であり、水性ベースコートを初めて定番としたのも「R-M」です。
水性塗料「オニキスHD」は2007年6月には自動車補修用塗料として日本で初めてエコマーク認定を取得しました。最新鋭の製品群とカラーツールに加え、「R-M」は効率改善と業務拡大に向け、さまざまなサービスを提供しています。
「R-M」事業は以下の四つの特徴があります。
  • 「R-M」のトレーニングプログラムにより、お客様は常に最新の情報を得ることができ、市場での競争力が維持出来ます。
  • 「R-M」の革新的で環境効率の高い水性塗料と低溶剤タイプのハイソリッド塗料により、修理工場の利益率が向上出来ます。
  • 「R-M」の「Program for success」により、作業手順が最適化され、高い収益性を通じてお客様の成功を約束します。
  • 「R-M」の効率的な調色システムにより、適切な色を確実に素早く特定できます。
BASF in JAPAN
私たちは環境問題の取り組みに一層努力をして参ります。

投稿日:2017年9月7日 更新日:

Copyright© UMB Group厚木市の自動車整備工場(鈑金)板金塗装、車検 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.